秋の草花

10月も最終週を迎えた日差しの強いある日、中山法華経寺を訪問した目的は塔頭の一つの【安世院】である。私はこの寺を【花の寺】と勝手に名付けた。

地図

総武線 下総中山駅、京成本線 京成中山駅で下車が便利であとは、略図のとおり徒歩5分程で◎印の山門にいきつきます。R 14から2つ目の◎印の山門までは法華経寺の門前町通りが形成されており、楽しそうな店が並んでいます。門前町通りを抜けて山門をすぎるともう法華経寺の塔頭が並びます。由緒ありそうな塔頭の中に赤門の見える塔頭が左手に現れます。【安世院】と刻まれた門構えの寺が今日の目的です。ここは野草のような草花がたくさんあり、ときめきを覚えるのが常でした。

スライドショーには JavaScript が必要です。

【安世院】さんの花園はこの塔頭の他に、【法華経寺】本堂の【竜王池】の隣に花園を所有しておりやはり草花を植栽しています。ありがたいことに花の名前を表記してくださっています。この日は【ヒメヒマワリ】がとっても印象に残りました。     つづく